HOME > お知らせ > アーカイブ > 2018年7月

お知らせ 2018年7月

モニター紹介!

今回、スタジオVOGUEでモニターを引き受けていただいた浅古あいりさんをご紹介いたします。

浅古さんは、ミス千葉大2016グランプリを受賞。
只今千葉大在学中。
最初は普通に入会されたのですが、BOSSの懸命な説得により
今回モニター写真やトレーニング動画の撮影に協力していただくことになりました。
これから、健康的でもっと美しい体に変身させるという重責を担うことになったBOSSですが共に頑張りたいと思います。
インスタグラムでは早くから掲載しておりますので皆様も是非ご覧になってください。
すでに完成されていると思いますが、これから変わっていく浅古さんをお楽しみに!
皆さんも応援メッセージよろしくお願いいたします。

強い覚悟!『絶対痩せる!必ず痩せさせる!』 part Ⅱ 筋肉を落とさず脂肪のみ-9.5㎏減



前回登場していただいたモニターのお友達です。
同じ職場で仲良しの二人は一緒にトレーニングすることを決意しました。
今回登場のモニターの方は全く運動をしたことがなく、どちらかといえばゲームに夢中なインドア派です。
しかし、根が真面目なのでこちらの鬼コーチにも文句も言わず黙々とついてきます。

●当初のデータ 2018/1/20
身長 160㎝  
体重 64.5㎏
体脂肪率 35.6%
筋肉量 22.6Kg

●3か月後 2018/4/18
体重 59.2㎏
体脂肪率 30.5%
筋肉量 22.2Kg

●その3か月後 2018/7/25
体重 55.0㎏
体脂肪率 24.6%
筋肉量 22.6Kg

トータル ””-9.5㎏”” の減量に成功!

特筆すべきは筋肉量を落とさず脂肪のみを落とせたこと!
VOGUEでは、運動をした事がない方でも、無理な食事制限もなく3食バランスよく食べ、週2回のパーソナルトレーニング&自宅で軽い自重トレーニングを組み合し、リバウンドしにくい体を手に入れるトレーニングを行っています。


ダイエットモニター様の卒業後の声
「痩せなくては!」と繰り返し思いつつも全く実行に移していなかった自分が、友人に紹介をもらいジム通いを始めました。
運動経験も乏しかったこともあり、初回はすぐに体調がダウンしてしまいました。それでも、通うに連れて徐々に安定してトレーニングメニューをこなせるようになりました。

 
楽しかったことは、目に見えてわかる身体の変化です。
特にお腹周りが痩せたので、ズボンもワンサイズ落ちました!

辛かったことは体重が全く落ちない時期があったことです。
このまま痩せないのではと不安になりましたが、継続的に運動していると次第に落ちて行きました。

 
結果的に10キロ近く痩せ、洋服も着れなかったものが着れるようになったりと嬉しいことばかり!
モニターになれて、真剣に臨めてよかったと思い
ます。
痩せないとと少しでも思っているのであれば、ぜひVOGUEさんに通うことをお勧めします。

【筋トレ女子必見】ウエストくびれ美人になる方法は「腹横筋(ふくおうきん)」を意識すること!

以前、美容系の会社が女性の年齢別で気になるボディーラインをアンケート調査した記事を読んだことがありました。
20代~50代まで4世代のアンケートだったと記憶してます。順番は忘れてしまったのですが、すべての年代で『ウエスト』『ヒップライン』『美脚』『二の腕』が上位にランクインされています。

当ジムでも、同じくウエストラインは上位にランクインされます。
パーソナルジムの特徴として大半のお客様は運動をした事がなかったり、一般のジムに通ってみたもののどうして良いか分からないといった方が多い。

そんな時、虎の巻(古!)が活躍します。
それがこれ↓
 
基本、筋トレは意識することが大事になります。
お笑いの『なかやまきんに君』(?)(名前は定かではありません・・・。)がよくネタで筋肉と会話していたのを思い出します。
あそこまで、マニアックに出来ないかもしれませんが、イメージはその通りだと思います。

お客様には図解で理解していただきイメージしやすくしてトレーニングに臨んでいただきことがあります。
例えば、体幹トレーニングの王道ともいわれるプランク(※下記に画像を掲載)をするときにどうしても背中が反ってしまうお客様には下の図解をご覧いただきます。


上の図解で示されているように両側の筋肉の末端に接続されている骨(ここでは胸骨と恥骨)を筋肉を使って幅を縮めるイメージで力んでいただきます。この時、出来れば腹筋に手を添えて力を入れる場所(ポイント)を確かめながら行います。

※上記画像が体幹トレーニングの王道「ブランク」の一例

上記のトレーニングは、出っ張るおなかを引っ込める腹直筋のトレーニングです。


くびれのトレーニングは、腹横筋!

これが意識しにくい!

なぜかというと意識的に動かすことが生活の中であまり無い!
簡単に言うと大股で歩きひじを大きく後ろに引きながらウォーキングするとか、常に歩くときは骨盤を意識的に動かしながら歩くなどなど・・・。

図解的にはここ↓

ウエストくびれ美人になるために必要な腹横筋(ふくおうきん)のトレーニング・・・
自分ではなかなか鍛えにくい腹横筋・体感トレーニングを、VOGUEではパワープレートを使って効果的にトレーニングを行います。

細かい振動で筋肉を刺激し、難しい動作をしなくても効かせたい筋肉に直接作用します。
詳しくはパワープレートのページへ

ご自宅で頑張って筋トレを行っていても、なかなか効果が感じれれない・・・
会員型のスポーツジムで自己流で頑張っていても結果が出ないアナタ・・・

パーソナルトレーナーにアドバイスを受けるのも重要です!
適切なトレーニング方法か否かで結果の出るスピードは何十倍も違います。
是非参考にして下さい!

強い覚悟!「絶対痩せる!必ず痩せさせる!」マイナス20キロ減量成功中!

2018年に一大決心をしてVOGUEへやってきました!
本当は彼女のお母さんから『うちの娘どうにかしてください・・・。』と懇願されて始まった企画です。

当初の記録
体重 82.1㎏
体脂肪率 50%
筋肉量 22.3㎏

ちょっと私もびっくり!!

お受けしたからには、絶対痩せていただきます!
と言う事で結婚式までに60キロを切り体脂肪率も20%台を目標に鬼コーチになり痩せていただきます!

上の写真は
左から入会当初『2018/1/6』
中央『2018/4/18』
右最新『2018/7/14』

2018/4/18の記録
体重 67.4㎏
体脂肪率 42.5%
筋肉量 20.7㎏

2018/7/14 最新の記録
体重 61㎏
体脂肪率 37%
筋肉量 20.7㎏

トータル
体重 ー21.1㎏減
体脂肪率 ー13%減
筋肉量 ー1.6減


出来るだけ筋肉量は減らさず脂肪を落としリバウンドしない体に仕上げていくため週2回のハードトレーニングを今も尚続けています。
目標までもう少し!頑張りましょう!

ダイエットモニター様の卒業後の声

【入会のキッカケ】
社会人になり、飲み会や同僚とのランチが増え、どんどん丸くなっていく体を見た母から去年の12月末に声をかけられたのがきっかけでした。
正直声をかけられた時は、「運動なんてずっとしてないし、つらいの嫌だし、めんどくさい、このままでも別に困ってないのに」と思っていました。
ですが、10月に結婚式を控えていたこともあり、「醜いウエディングドレス姿は嫌かも…。せっかく着るなら綺麗に着たい」と思い、重い腰を上げました。

【トレーニング中の感想】
最初の頃は慣れない加圧やメニューに「もう無理、辞める」と思う日もありましたが、通っていくうちに痩せてく自分の体と周りの反応、そして汗をかくことが楽しくてもっと動きたいもっと痩せたいと思えるようになっていました。
辛かったことは食事制限です。今まで好きな物を好きなだけ食べたり飲んだりしていたので、それが出来ないストレスはかなりありました。
でも、どんどん変化していく自分の体を見ていたら、次第に食べたい欲なんてなくなっていました。

【卒業して】
8ヶ月通わせて頂いて、20キロ以上痩せることが出来ました。
8月に行った前撮りでは、9号のウエディングドレスがすんなり着れるまでになっていました。
今回モニターをやらせて頂いて、努力は必ず報われるんだなと感じた8ヶ月だったので、この努力を無駄にしないようにこれからも過ごしていきたいです。

プロゴルファーをめざして!

私が所属しているゴルフ倶楽部の研修生『野本一平』君をプロゴルファー(一億円プレーヤー)にするべく加圧パーソナルトレーニングを引き受けました。
私もヘボながらゴルフをかじっているので、トレーナー的視点からゴルフに必要なトレーニング方法を考え野本君に落とし込んでいこうと考えております。
これからシリーズで今後の動向をお伝え致します。

一平ちゃん(皆からこう呼ばれてます。)と先ずはカウンセリング・・・。
私の考えは、上半身より下半身強化に重点を置くことを提案。
一平ちゃんの考えも同じく上半身が強くなるとスウィングが崩れるような気がするらしい。
もう一つの提案が体感トレーニングです。
下半身のパワーをスウィングに転嫁するためとは言っても強振するわけではありませんが、
ゴルフ場は平らなところがないので足場の微妙な傾斜にもバランスを崩さずイメージ通りのスウィングができる体づくりを提案。
これも、一平ちゃん快諾!

と言う事で地獄の(?)トレーニング開始!


これから続けて更新いたしますので、一平ちゃんの応援よろしくお願いいたします。



1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »