HOME > お知らせ > 3ページ目

お知らせ 3ページ目

新入会のお客様

BOSSです。
本日は1月に体験された茂原市在住のK様のご紹介です。


新入会のお客様の続きを読む

必要経費からのコスパを考える。

 人生において、ダイエットにかかるコストは

『美』『健康』のための必要経費ですよね〜

 

デブっては、多額資金を投入し元に戻る。

そしてまたデブる

次は戻れなくなる。。。

こんなことの繰り返し

 

これではダメだあー

継続して良い状態を保ちたい

 

そうするとコスパが重要です。

安いけど効果が出ない気休めではダメです

しっかり効果が出て、継続して通える。

知識豊富な信頼できるトレーナーがいる。

雰囲気がいい。

 

いろいろ考えた結果、

” VOGUE”に決定しました。

長いお付き合いよろしくお願いします。

サプリも良さそう

早速試しているのでまた、報告しまーす

妻の肘が!!

 去年の12月に突然妻の肘が腫れて酷い痛みに襲われました。

写真はこれ


黒ずんで、ドクターの所見では何らかの菌が入ってしまったらしい。

このまま放置するともっと腫れてくるので、抗生物質を飲んで菌を死滅させる処方をされて帰ってきました。

暫くしても腫れは引かない・・・。

妻は、私が骨折したり、テニス肘になったりした後に加圧で完治しているのを間近で見ています。

 

そこで、私の登場!!

妻の肘が!!の続きを読む

左膝靭帯損傷!加圧で復活なるのか?プロローグ編

 私は、テコンドーの師範も兼ねております。

あまり自慢できるお話ではないのですが、指導中に左ひざ靭帯を切ってしまいました。

正確には病院に行っていないので断絶したのか?部分断絶したのか?定かではありません。

(症状から考えて多分切れていたと思います・・。後ほど書きます)

左膝靭帯損傷!加圧で復活なるのか?プロローグ編の続きを読む

パーソナルトレーニングだから続いてる。

 当ジムでは永く通われるお客様がたくさんいらっしゃいます。

その中の一人平成23年に入会されて4年以上続いているT様(女性)の場合

T様は色々なトレーニング施設を入会・退会を繰り返されたそうです。

一番ひどいのは入会して丸一年一回も施設を利用することなく退会されたこともあるそうです。

 そう聞いていた私がT様に何故VOGUEは永く通って頂いているのかと聞いてみました。

パーソナルトレーニングだから続いてる。の続きを読む

ダイエットに強力な助っ人がVOGUEに!!

 この度VOGUEでは、JNAC(日本栄養分析センター)様と提携することになりました。

JNACは30年以上にわたり栄養分析とダイエット食材や食事方法などを研究している会社です。

その長い歴史の中で培われたデータをもとに管理栄養士がお客様から頂いたデータを分析し、食事の傾向と対策を指導してくれます。

ダイエットに強力な助っ人がVOGUEに!!の続きを読む

とっても痛い!!テニス肘を加圧で完治!!part2

 前回に引き続きお付き合いください。
 
前回ご紹介いたしましたテニス肘の治療法『保存療法』にステロイド注射が有ります。
私は、自慢ではありませんが痛いのが大の苦手・・・。
痛い肘にわざわざ針を打つなんて考えただけでも気を失いそうになります・・。
放っておくと骨化するらしく、そこまで悪化すると手術になる可能性が有るらしい。

どっちもいやですよ!
というわけで、自力で完治を目指します!!

とっても痛い!!テニス肘を加圧で完治!!part2の続きを読む

パーソナルトレーニング利点?

VOGUEのお客様でオープン当初から通って頂いている大変ありがたい常連様(K様と記します)がいらっしゃいます。

いつものようにインボディーに乗り体内チェックから始めます。

通い始めのお客様は、懺悔の時間となります。(笑)

だいたいのお客様は一週間の不摂生をインボディーのチェックが終わるまでの約一分間で懺悔します。

神様は全てを許しますがBOSSは閻魔様なので許しません。(なんの事やら?)

しかし、常連様のK様はもう8年も通ってらっしゃるので、自動的にセルフチェックをなさるようです。

 

その日も、『いやー、素晴らしいデータですね!』と言うBOSSの言葉に

K様は『だって、1週間に1回こんな風にチェックされたら気をつけるもの・・・。』

K様曰く、毎週トレーニング前の2~3日の間に調整するそうです。

毎日節制するのは難しいですが、7日間のうちトレーニングと3日間の調整となると週の半分は意識的に食事制限をしていることになりますね。

 

競馬騎手の武豊さんも日に3回体重計に乗るそうです。

皆さんも日頃のチェックを大事にしてみてはいかがですか?


とっても痛い!!テニス肘を加圧で完治!!part1

お久しぶりの投稿ですみません・・・。BOSSでございます。
前回は、かかとの骨折を完治したことを報告させて頂きましたが、今回も加圧でテニス肘を完治させた経験を書いてみます。
 
私は約4年ほど前から本気でゴルフを始める決心をしました。(笑)
本気というのは、以前やってはいたのですが練習場で『球をどれだけ遠くに飛ばせるか?』だけのゴルフで、年に数えるほどもコースに出ないほどでした。
 
加圧トレーニングジムを初めていろんなお客様と出会う中でゴルフをなさるお客様が多く、お付き合いすることになったのが再開のきっかけでした。
20年近くまともにクラブを手にしていなかった私は、とにかく練習場で球を打ち続けました。
 
常に車のトランクにはゴルフクラブを入れ、1時間あれば必ず練習場で球を打つ生活を続けていました。
(だいたい1日500球位打っていたと思います。)
 
老体になっていることも気にせず、とにかく若いころと同じようにひたすら練習!
何か月かつづけたころ、体に変調が・・・。
 
腰が痛い・・・。
 
でも、VOGUEに有るホグレルトーレーニングで身体を整え事なきを得る・・・。
 
しかし、肘の痛みだけはドンドン酷くなり、とうとう握ることさえままならなくなっていきました・・・・。(痛い)
 

断腸の思いで整形外科へ。
 
先生の一言
『テニス肘ですね。』
病名にびっくりした私は思わず、『先生、私テニスなんかした事ないです。』
多分先生はこのフレーズを何度も聞いた様子で、『テニス肘とは病名で上腕骨外側上顆炎と言います。』
 
まずは保存療法を行います。

◆保存療法
1. 手首や指のストレッチをこまめに行います。
2. スポーツや手をよく使う作業をひかえて、湿布や外用薬を使用します。
3. 肘の外側に局所麻酔薬とステロイドの注射をします。
4. テニス肘用のバンドを装着します(装着方法などは主治医にご相談ください)。
 
◆注射法注射法
テニス用肘バンドテニス用肘バンド
保存療法が無効な場合には、手術療法を行うこともあります。
 
◆手術療法
筋膜切開術、切除術、前進術、肘関節鏡視下手術などがあります。
 
◆症状
ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。
 
原因と病態
中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。
 
一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。 この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きをしています。
 
◆テニス肘の原因と病態
①長橈側手根伸筋:手首(手関節)を伸ばす働きをします。
②短橈側手根伸筋:同様に手首を伸ばす働きをします。
③総指伸筋:指を伸ばす働きをします。
 
◆診断
外来で簡単に行える疼痛を誘発する試験で診断します。
以下の3つの検査が一般に用いられています。
いずれの検査でも肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたら、テニス肘と診断します。
 
1. Thomsenテスト
検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者さんには肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首(手関節)を伸ばしてもらう。
 
2. Chairテスト
患者さんに肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。
 
3. 中指伸展テスト
検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんに肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。
 
※日本整形外科学会HPより参照

私の場合ちょっとひどく保存療法ではよくなりませんでした。
よって、例のごとく加圧で完治してみようと思いつき患側に加圧をしてみました。
 
part2からどのように加圧を行ったかを書き記したいと思います。
前置きが長くなりましたが引き続き宜しくお願い致します。m(__)m

加圧で部分やせできるのか!(太もも・二の腕編)No.3

『本日の測定』
二の腕:25㎝
太もも:50㎝

順調に減少しています。

見た目には、実測よりも細くなっている気がします。
太ももは、むくみの影響が大きいですね
実は、すごくむくみやすくいつもだるくて重い感じがしていて、立ちっぱなしが辛いのです。。。

特に加圧は、むくみに効果的です
加圧ベルトを外すと『ドバッー』と流れていくのがわります
むくみ解消には、是非加圧を

むくみが取れたのか、体重も2㎏減りました〜
すっきり感がありますよ
不思議にくびれまで出てきたのには、びっくりうれしいです

次回は、写真撮影して経過を見ていきたいです。
また、加圧トレーニング頑張ろう


<<前のページへ1234

アーカイブ